みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン
  1. トップページ>
  2. マネーコラム

マネーコラム

投資に役立つ知識から、お金や人生にまつわる読み物まで。

最新コラム

  • 本音のマーケットコラム

    市場が懸念したほど
    タカ派的ではなかったFOMC

    市場が懸念したほど<br>タカ派的ではなかったFOMC

    先日開催されたFOMCは、利上げ範囲が市場の想定内だったこと、イエレン議長の会見もバランスが取れたものだったことから、市場には安心感が広がっています。今回の発表内容から、政策担当者の思惑を考察します。

    記事を見る

  • ファイナルプランナーコラム

    司法書士から見た
    不動産相続について

    司法書士から見た<br>不動産相続について

    相続の際、相続人同士、不動産が原因で揉めることは少なくありません。金融資産と異なり、評価方法等で意見が対立することもあります。例えばどんなケースがトラブルとして発生しやすいのでしょうか。

    記事を見る

コラム一覧

市場が懸念したほどタカ派的ではなかったFOMC 2017.3.24更新 本音のマーケットコラム 市場が懸念したほどタカ派的ではなかったFOMC 3月14日(火)−15日(水)に開催されたFOMCで0.25%の利上げが決定しました。今回のFOMCで市場が注目していた2つのポイントと今後の見通しについて、東海東京調査センターの長田氏が解説いたします。 意外と強い日本株 2017.3.10更新 本音のマーケットコラム 意外と強い日本株 米国株が堅調な値動きを示すなか、ようやく日経平均株価は最高値を更新しましたが、相対的には弱いように見えます。しかしながら、昨年末と比べると日本株は意外と強い値動きをしています。今回は最近の日本株市場について分析いたします。 司法書士から見た不動産相続について 2017.2.28更新 ファイナルプランナーコラム 司法書士から見た不動産相続について 不動産のことがもとで、相続人の間でもめてしまうことが非常に多くあります。今回は、司法書士から見た不動産相続の問題になった様々な事例についてお話したいと思います。 昨年末からの踊り場を抜け、「トランプラリー2.0」が始動 2017.2.24更新 本音のマーケットコラム 昨年末からの踊り場を抜け、「トランプラリー2.0」が始動 「トランプ減税」への期待感が復活したことから、「トランプラリー2.0」が始動しました。最近の米株式市場の値動きは小さいですが、これは市場にとってポジティブなサインだと考えられます。今回は、米株式市場の現状分析と今後の予想についてご説明いたします。 知って納得! よくわかる上場株式等の確定申告 2017.2.14更新 ファイナルプランナーコラム 知って納得! よくわかる上場株式等の確定申告 株式を売れば必ず税金がかかる?けっしてそのようなことはなく、儲かった、つまり利益に対してのみ課税されます。
ドル建て日経平均株価はバブル期以来の高値 2017.2.10更新 本音のマーケットコラム ドル建て日経平均株価はバブル期以来の高値 日本株市場は、トランプ新米国大統領に対する警戒感がただよい、上値追いは限定的な状況です。その中でドル建て日経平均株価はバブル以来の高値を付けています。今回は日本株市場を取り巻く動向についてご説明いたします。 オンライン販売が牽引した2016年の米年末商戦 2017.1.27更新 本音のマーケットコラム オンライン販売が牽引した2016年の米年末商戦 2016年米年末商戦は、まずまずの結果に終わりました。そのうち、オンラインショッピングによる購買の大幅な増加が目立ちます。今回は、引き続き注目銘柄としてアマゾン・ドット・コムを取り上げさせていただきます。 終活 2017.1.24更新 ファイナルプランナーコラム 終活 〜元気なうちに考えておいてほしいこと。しておいてほしいこと。伝えておいてほしいこと。親が元気なうちに聞いておいてほしいこと。〜 2017年も日本株の良好な需給環境は継続 2017.1.13更新 本音のマーケットコラム 2017年も日本株の良好な需給環境は継続 2017年、日本株式市場は幸先の良いスタートを切りました。現在、日本株を取り巻く需給環境は良好です。今回は、2017年の日本株市場の動向見通しについてご説明いたします。 2017年はFRBにとってかじ取りの難しい年に 2016.12.22更新 本音のマーケットコラム 2017年はFRBにとってかじ取りの難しい年に 12月のFORMの利上げの実施は、タカ派色を強めたものとなりました。今後のトランプ次期大統領の経済政策をめぐりFRBは難しい舵取りをせまられそうです。今回は、米国の利上げと今後の米国経済の見通しについて解説いたします。 いろいろな資産の承継方法 2016.12.20更新 ファイナルプランナーコラム いろいろな資産の承継方法 相続対策をテーマにコラムを掲載させていただいていますが、第2回目は、「いろいろな資産の承継方法」についてです。ご自身に相続がおこった時、現在保有している資産を次の世代へどのように引継がせたいか…考えたことはありませんか? 日銀のETF買いと自社株買いの効果を改めて実感 2016.12.09更新 本音のマーケットコラム 日銀のETF買いと自社株買いの効果を改めて実感 米国大統領選挙後に日本株は大幅高となりました。海外投資家は年初からの累積は売り越しですが、日銀ETFや自社株買いにより相場は底堅い推移を見せています。今回は年初から今に至るまでの日本株市場の説明をいたします。 米国出張の印象と今後の米株相場見通し 2016.11.25更新 本音のマーケットコラム 米国出張の印象と今後の米株相場見通し 米大統領選挙は共和党トランプ候補の予想外の勝利に終わりました。大統領選後、米国株式市場は活況を呈しています。今回はトランプ当選後の米国株式市場の見通しについて説明いたします。 民事信託(家族信託)の活用と実務 2016.11.15更新 ファイナルプランナーコラム 民事信託(家族信託)の活用と実務 今後の財産管理や相続対策が充分であるかしらとお悩みではありませんか? 今回は、「民事信託」をテーマに、「民事信託」の正しい知識・情報・使い方・活用事例の紹介についてお話をさせていただきます。 自社株買いと海外投資家の買いに注目 2016.11.11更新 本音のマーケットコラム 自社株買いと海外投資家の買いに注目 11月に入り、日経平均株価は不透明感が漂う米国大統領選挙を前に調整局面を迎えています。過去5年間では11月に「企業の自社株買い」と「海外投資家の買い越し」がよく見られました。今回は、今後の日本株市場の動向について解説いたします。 欧州経済の現状と見通し(欧州出張報告) 2016.10.28更新 本音のマーケットコラム 欧州経済の現状と見通し(欧州出張報告) ユーロ経済は安定成長すると思われますが、英国の経済懸念や欧州の政治リスクが影を落とします。今回は、欧州経済の現状と見通しについて説明いたします。 相続対策 第1回 生前贈与の留意事項 2016.10.25更新 ファイナルプランナーコラム 相続対策 第1回 生前贈与の留意事項 東海東京ウェルス・コンサルティングの安藤 光利です。今回より相続対策をテーマにコラムを掲載させていただきます。 第1回目は、「生前贈与の留意事項」についてです。 海外投資家は東証2部で買い越し 2016.10.14更新 本音のマーケットコラム 海外投資家は東証2部で買い越し 年初からの海外投資家の売り越しと日銀の年間6兆円ペースのETF買いにより、日経平均株価はもみ合いを続けております。年初から売り越し基調が続く海外投資家ですが、東証2部市場では変化も見られます。今回は、現在の日本株市場について説明いたします。 利上げどころではない?もたつく足元の米国経済 2016.9.23更新 本音のマーケットコラム 利上げどころではない?もたつく足元の米国経済 9月1日に発表された8月のISM製造業・非製造業景況指数は、予想を大きく下回りました。このことは、米国のFRBのFOMCの利上げのタイミングに影響を及ぼす可能性があります。今回は、足元の米国経済の動きについてご説明いたします。 不動産 不動産の相続について 2016.9.20更新 ファイナルプランナーコラム 不動産 不動産の相続について 皆様も「実家の相続が…」など不動産の相続に関連する話題を聞くこともあるかと思いますが、今回は「不動産の相続」、特に相続税に係る土地・建物等の評価について説明します。 割安株優位に転じた日本株 2016.9.09更新 本音のマーケットコラム 割安株優位に転じた日本株 夏枯れ相場の中、日本株は割安株が堅調です。今後のマーケットの注目イベントは、9月の日銀政策決定会合ですが、今後も割安株堅調の動きは続くのでしょうか。今回は、日本株における割安株の現状と今後の動きの予想についてご説明いたします。 法律 成年後見人制度について 2016.9.06更新 ファイナルプランナーコラム 法律 成年後見人制度について 今回は、相続対策などにも深いかかわりのある成年後見のお話をさせていただきます。 「成年後見人」という言葉の認知度が段々とあがってきましたが、実際に成年後見人の選任方法や業務内容、システムについてはあまり知られていません。 「エンジン全開」で難局に挑むイングランド銀行(英中銀) 2016.8.26更新 本音のマーケットコラム 「エンジン全開」で難局に挑むイングランド銀行(英中銀) イングランド銀行(英中銀)は、8/4の金融政策委員会において英国のEU離脱に伴う景気減速リスクに対応するため金融緩和の再開を決定しました。このことは、世界的な金融緩和の流れに拍車をかけることとなります。今回は、英国の金融緩和再開がマーケットに与える影響について説明します。 ライフプラン 退職前にどのくらい貯めておけばいいの?セカンドライフ、いくら必要?? 2016.8.23更新 ファイナルプランナーコラム ライフプラン 退職前にどのくらい貯めておけばいいの?セカンドライフ、いくら必要?? 前回は、ライフプランの中で「生命保険の活用」についてお話しをしました。今回は退職後毎月どのくらいの生活費が必要なのか?退職前までにどのくらい準備しておいた方が良いのか・・・をお話しいたします。 日本銀行は追加金融緩和を決定 2016.8.12更新 本音のマーケットコラム 日本銀行は追加金融緩和を決定 日本銀行は、日銀政策決定会合でETF買付金額ペースを引き上げるという「質」による追加金融緩和策を決定しました。しかし小幅との見方が強くマーケットの反応は鈍いといえます。今回は、この追加金融緩和が日本株式市場に与える影響について解説いたします。 税制のきほん 投資に係る法人の税金について 2016.8.09更新 ファイナルプランナーコラム 税制のきほん 投資に係る法人の税金について 前回のコラムでは、所得税は所得が増えれば増えるほど税率が高くなる累進税率を採用しており、税負担割合を考慮した投資計画の必要性をご説明しました。 今回のコラムは法人の税金についての内容ですので、是非前回のコラムと比較検討して頂きたいと思います。 不動産 不動産投資について 2016.7.26更新 ファイナルプランナーコラム 不動産 不動産投資について 日銀のマイナス金利政策の影響によって住宅ローンの金利は一段と低くなり、住宅の購入を検討する方には最適な状況となっていますが、一方、預貯金の金利は低利な状況が続き、将来等を見据え資金の運用を考える方にとっては、厳しい状況が続いています。 災い転じて福となった?英国民投票後のグローバル株式 2016.7.22更新 本音のマーケットコラム 災い転じて福となった?英国民投票後のグローバル株式 英国のEU離脱を問う英国民投票後の世界の株式市場は、急速な立ち直りをみせており、交渉の進捗をじっくり見極めようと落ち着いてきています。 今回は英国民投票後のグローバル株式について説明いたします。 法律 遺言書(遺言書の必要性) 2016.7.12更新 ファイナルプランナーコラム 法律 遺言書(遺言書の必要性) 相続が発生した時の一番悲しい出来事は、残された相続人のあいだで争いが起きることではないでしょうか。 「遺産相続をきっかけに兄弟仲が悪くなる」という例を見聞きしたことがあると思います。経験上、遺産相続がきっかけとなって、文字通り「兄弟は他人の始まり」になるケースは少なくありません。 イギリスのEU離脱が決定した日本株 2016.7.08更新 本音のマーケットコラム イギリスのEU離脱が決定した日本株 イギリスは国民投票の結果、EUからの離脱がほぼ決定的となり、大方の事前予想はEU残留に傾いていたため、日本市場は大荒れとなりました。 今回は、EU離脱が個人投資家に与えた影響について解説いたします。 ライフプラン 生命保険は 相続対策のグッドパートナー 2016.6.28更新 ファイナルプランナーコラム ライフプラン 生命保険は 相続対策のグッドパートナー 生命保険は身近なものだと思いますが、なんと!日本人の約80%以上の方が加入しています。若い頃から、特に就職してから生命保険に入られる方が多いかと思いますが、今回取上げるテーマは、相続対策に効果を発揮する「生命保険」についてです。 米国株、年後半には最高値更新へ 2016.6.24更新 本音のマーケットコラム 米国株、年後半には最高値更新へ 今年に入り主力業種の出遅れが目立つ米株式相場ですが、今後、主力業種がドル安の動きにより収益が改善し、年後半に向けて最高値更新が期待されます。今回は、米国株の年後半に向けての流れを解説します。 暮らしと税 投資に係る個人の税金について 2016.6.14更新 ファイナルプランナーコラム 暮らしと税 投資に係る個人の税金について 皆様、投資といって思い浮かぶのは何がありますか。今年に入ってマイナス金利となり預金利率も下がるなか、当コラムをご覧の皆様が真っ先に思い浮かぶのは株式投資だと思いますが、土地をお持ちの方などは不動産投資も考えているのではないでしょうか。 割安感が台頭し、需給も改善傾向の日本株 2016.6.10更新 本音のマーケットコラム 割安感が台頭し、需給も改善傾向の日本株 6月1日安倍首相は増税延期を表明しました。6月には米国の利上げや英国のEU離脱を問う国民投票を控えているため、投資家はリスクオフに流れています。今回は、直近の決算発表や企業の自己株式取得が増えていることをふまえ、今後の日本株の市況見通しについて説明いたします。 不動産 マイホーム 2016.5.31更新 ファイナルプランナーコラム 不動産 マイホーム 東海東京ウェルス・コンサルティングの中野 裕です。これから不動産に関連するコラムを担当させていただきますのでよろしくお願いいたします。 今回のテーマは「マイホーム」です。 大荒れの円相場、円安方向への転換に必要なものは? 2016.5.20更新 本音のマーケットコラム 大荒れの円相場、円安方向への転換に必要なものは? 4月28日、日銀の追加緩和見送り、米財務省が翌29日に公表した「半期為替報告書」で日本が円売り介入に動くことを改めてけん制したことをうけ、円高が進む流れとなりました。 今回は、円高への流れおよび今後の円安基調への転換について解説いたします。 法律 相続手続きのポイントや注意すべき点 2016.5.17更新 ファイナルプランナーコラム 法律 相続手続きのポイントや注意すべき点 司法書士法人花沢事務所の代表をしております、花沢良子です。 今回から3回にわたり、相続、遺言、成年後見についてお話させていただきます。 今回は、相続手続きのポイントや注意すべき点についてです。 海外投資家の先物動向に注目 2016.5.13更新 本音のマーケットコラム 海外投資家の先物動向に注目 ゴールデンウィーク直前の日銀政策決定会合以降、急速に円高が進み、日本株の先行きに対する警戒感が高まっています。 今回は、海外先物市場の変化の兆しについて解説いたします。 ライフプラン 子どもの教育費と生前贈与 2016.4.26更新 ファイナルプランナーコラム ライフプラン 子どもの教育費と生前贈与 東海東京ウェルス・コンサルティングの平池 寿絵です。今回から3回にわたり、ライフプランをテーマにお話しをさせていただきます。 第1回目のテーマは、「子どもの教育費と生前贈与」です。 米国経済にかげり?やや疲れの見える米個人消費 2016.4.22更新 本音のマーケットコラム 米国経済にかげり?やや疲れの見える米個人消費 年明け以降、米国経済のけん引役となっていた個人消費にかげりがでてきています。特に自動車業界は足元の販売減を止められなくなってきています。 今回は、FRBの利上げシナリオにも大きな影響を及ぼす米国の個人消費について解説いたします。 春の嵐が吹き荒れる日本株 2016.4.15更新 本音のマーケットコラム 春の嵐が吹き荒れる日本株 日本株式市場は春の訪れとともに大荒れの厳しいスタートとなりました。 今回は、信託銀行の買いの減少による注意点と、4月後半から5月にかけて行われる日本企業の「自社株買い」について解説いたします。 証券税制のきほん ふるさと納税、利用されました? 2016.4.12更新 ファイナルプランナーコラム 証券税制のきほん ふるさと納税、利用されました? 東海東京ウェルス・コンサルティングの岡田 真治です。今回よりコラムを担当させて頂きます。宜しくお願いします。記念すべき第1回目は、ふるさと納税についてお話しいたします。 FRBの市場への歩み寄りは、米株や新興国株に恩恵 2016.3.29更新 本音のマーケットコラム FRBの市場への歩み寄りは、米株や新興国株に恩恵 3月に入り加速したドル安・原油高の背景に、15-16日に開催されたFOMC(米連邦公開市場委員会)、その中でも特に年内の利上げペース見通しの引き下げ等が影響していると考えられます。今回は、FOMCの結果が今後の米株・新興国株式市場に与える影響について解説いたします。 相続の基本 相続対策と、相続のまとめ 2016.3.22更新 ファイナルプランナーコラム 相続の基本 相続対策と、相続のまとめ 第1回目は、何故今相続なのか、2回目は相続財産と評価方法、第3回目は相続税負担と基本的な3つの対策について説明しました。最終回は具体的な対策及び考え方のまとめを説明いたします。 日本株式市場に春の気配!? 2016.3.11更新 本音のマーケットコラム 日本株式市場に春の気配!? 3月4日には日経平均株価が17,000円台を回復するなど、年初から続いた日本株市場の下落基調にもようやく歯止めが掛かったようにも見られます。 今回は、日本株反転の起点となったと考えられる「信託銀行による大幅買い越し」に注目し、更にその背景に見える企業の“自社株買い”について解説いたします。 セカンドライフの備え 介護について 2016.3.08更新 ファイナルプランナーコラム セカンドライフの備え 介護について 4回にわたり子どもの教育資金・年金・医療費、親や自分の介護などを切り口に、セカンドライフの備えが必要な理由や対策についてお話をしました。4回目のテーマは介護に関するテーマです。 後手に回った可能性が高い米国の利上げ 2016.2.26更新 本音のマーケットコラム 後手に回った可能性が高い米国の利上げ 1月29日に米商務省が発表した2015年10〜12月期の米GDP速報値は0.7%増と、2%増だった2015年7〜9月期から減速しました。今回は、昨年末に利上げが行なわれた米国における直近の主な経済指標の推移や、イエレンFRB議長の議会証言の内容などについて、また、それらの情報から読み取れる今後の米利上げの見通しについて語りました。どうぞご覧ください。 証券税制のきほん 今年も確定申告が始まりました!株式や投資信託はどうなの!? 2016.2.23更新 ファイナルプランナーコラム 証券税制のきほん 今年も確定申告が始まりました!株式や投資信託はどうなの!? 第3回までのコラムでは、証券税制やNISAについてご説明いたしました。今回は、証券税制の確定申告についてお話しいたします。 機械 VS 人間!? 2016.2.12更新 本音のマーケットコラム 機械 VS 人間!? 日本株市場では、すでに多くの銘柄が割安と思われる水準にまで下落しているにも関わらず、なかなか上昇基調に転じる気配が見られません。 そのような相場環境の中においても、堅調なパフォーマンスをあげている“ある特徴”を持ったヘッジファンドが、その存在感を増してきているようです。 相続の基本 相続税負担について 2016.2.09更新 ファイナルプランナーコラム 相続の基本 相続税負担について 第一回目は、何故相続に関心が集まっているのか、二回目は相続財産の種類と財産評価方法についてご説明しました。今回は、相続税の算定方法と、財産によってどのくらいの相続税負担がかかるのかをご説明いたします。 原油価格に翻弄される世界の株式市場だが・・・ 2016.1.29更新 本音のマーケットコラム 原油価格に翻弄される世界の株式市場だが・・・ 年初から続く世界同時株安。 今回は、その最大の要因と思われる「行き過ぎた原油安」について詳しく解説するとともに、今後とるべき投資スタンスについて語りました。どうぞご覧下さい。 セカンドライフの備え 医療について 2016.1.26更新 ファイナルプランナーコラム セカンドライフの備え 医療について 4回にわたり子どもの教育資金・年金・医療費、親や自分の介護などを切り口に、セカンドライフの備えが必要な理由や対策についてお話しをしました。3回目は医療に関するテーマです。 大幅下落スタートとなった日本株 2016.1.15更新 本音のマーケットコラム 大幅下落スタートとなった日本株 2016年の日本株は、日経平均株価が年初から1月8日(金)までに5日続落と、"算出来最悪のスタート(本文より)"となりました。 中国株の急落や地政学的リスクの高まりがみられる中、新年第1回目の今回は、過去の傾向等を踏まえた今後の相場見通しについて解説いたします。 この頃 よく聞く NISA!今年からはじまるジュニアNISAもおさえておきましょう!! 2016.1.12更新 ファイナルプランナーコラム この頃 よく聞く NISA!今年からはじまるジュニアNISAもおさえておきましょう!! 今回はテレビCMでも耳にしたことがあるかもしれませんが、2014年からスタートしましたNISA(ニーサ)と、2016年から始まりますジュニアNISA(ニーサ)についてご説明いたします。 2016年も大注目の米金融政策 2015.12.25更新 本音のマーケットコラム 2016年も大注目の米金融政策 「ゼロ金利解除」に舵を切り、リーマンショック以降ようやく正常な姿を取り戻したかにみえる米国経済において、米国の政策担当者と市場参加者との間に伺える認識のギャップや2016年に注視すべきポイントについて語ります。 相続の基本 相続財産と、財産評価方法について 2015.12.22更新 ファイナルプランナーコラム 相続の基本 相続財産と、財産評価方法について 第一回目は、何故、相続に関心が集まっているのかを説明しました。今回は、相続財産にはどんなものがあるのか、また、その財産の評価方法はどうなるのか について、ご説明したいと思います。 米国の利上げと海外投資家動向 2015.12.11更新 本音のマーケットコラム 米国の利上げと海外投資家動向 いよいよ現実味を帯びてきた、12月15・16日に開催されるFOMCでの米国政策金利引き上げ。今回は、過去の米国利上げ局面での海外投資家の日本株売買動向を切り口に、今後の日本株式市場の傾向を仙石アナリストが検証いたします。 セカンドライフの備え 老後の資金の柱 年金のお話 2015.12.08更新 ファイナルプランナーコラム セカンドライフの備え 老後の資金の柱 年金のお話 日本での公的年金制度の歩みとはじまり、現在の制度の内容から今後の年金制度の展望についてお話いたします。 米国出張報告:米株市場、2016年も我慢の年に? 2015.12.01更新 本音のマーケットコラム 米国出張報告:米株市場、2016年も我慢の年に? 今回は、11月中旬の米国出張のお話を聞いてみました。現地で収集した情報等にもとづく、2016年の米株市場・為替の見通しを語ります。ぜひご覧ください。 証券税制のきほん 金融所得の一体化ってどういうこと!? 2015.11.24更新 ファイナルプランナーコラム 証券税制のきほん 金融所得の一体化ってどういうこと!? 平成28年から「金融所得の一体化」により、証券会社等で取り扱う商品の中で、国債や外国債券、外貨建てMMFやMRFなどの公社債や公社債投信の税制が大きく変わります。 株主優待銘柄に注目していますか? 2015.11.13更新 本音のマーケットコラム 株主優待銘柄に注目していますか? 日本独自の文化とも言われ、1,200社を超える企業が導入している「株主優待制度」。今回は、株主優待銘柄のパフォーマンスの特徴等について、仙石アナリストが解説いたします。 相続の基本 相続を考えてみましょう 2015.11.10更新 ファイナルプランナーコラム 相続の基本 相続を考えてみましょう なぜ今、相続が注目されるようになったのでしょう。平成27年に改正した相続税の内容と、今後、相続税に対応するために何からはじめたらよいのかをお話いたします。 強い日本株 2015.10.30更新 本音のマーケットコラム 強い日本株 記念すべき第1回は、「強い日本株」と題し、海外投資家の売買動向との関係から読み取れる今後の日本株の見通しについて語ります。 世界の株式市場は「ゼロ金利政策延長相場」へ 2015.10.30更新 本音のマーケットコラム 世界の株式市場は「ゼロ金利政策延長相場」へ 今回も、前回に引き続き今後の金利動向の中心とした世界の市場の潮流について聞いてみました。 セカンドライフの備え 子どもの教育資金ってこんなにかかるの?? 2015.10.27更新 ファイナルプランナーコラム セカンドライフの備え 子どもの教育資金ってこんなにかかるの?? 進路によって子どもの教育費は大きく変化しますが、おおよそどの程度必要なのでしょうか。また、教育費を用意するにあたり、親の年齢も重要になってきます。 証券税制のきほん 預貯金と株式や 株式投資信託等にかかる税金の違い 2015.10.13更新 ファイナルプランナーコラム 証券税制のきほん 預貯金と株式や 株式投資信託等にかかる税金の違い 税金の仕組みを上手に活用すると、支払った税金を還付されることもあります。今回は預貯金の利子や、株式や株式投資信託などの配当金等から差し引かれる税金の仕組みです。 博打とは違う 堅実に資産を育てる‘投資’を 2015.9.29更新 ファイナルプランナーコラム 博打とは違う 堅実に資産を育てる‘投資’を ‘投資’に関心を寄せる人は増えてきましたが、未だ博打と一緒だと警戒する人もいるのが現実です。賭け事と投資の違いを明確にし、資産を育てる「投資の基本のキ」を伝授します。 米利上げは先送りで不透明感継続、だが買い場は近い? 2015.9.25更新 本音のマーケットコラム 米利上げは先送りで不透明感継続、だが買い場は近い? 米国の利上げは、9/15-16に開催されたFOMC(米連邦公開市場委員会)で見送られました。9-10月相場の今後の動向は、どのように変化してゆくでしょうか。 60歳以降も元気で働くメリットは? 2015.9.24更新 ファイナルプランナーコラム 60歳以降も元気で働くメリットは? 定年退職後の生活は、「お金」「健康」「生きがい」の3つのバランスが取れていることが理想です。60歳以降も働き続けることは、収入を得られる以外にも、さまざまなメリットがあります。 年金1年生の桐谷さんと考える将来への投資術 2015.9.17更新 会員限定 桐谷広人氏の株主優待コラム 年金1年生の桐谷さんと考える将来への投資術 わたしは57歳でプロ棋士の世界を引退しました。いま65歳です。現役時代は26歳の頃から厚生年金に加入していて、リタイヤ後は国民年金に加入しました。 「生涯現役」への布石を打とう 2015.9.17更新 ファイナルプランナーコラム 「生涯現役」への布石を打とう 平均寿命が伸びる反面、年金額の減少や医療・介護の受益者負担の増加など、老後資金の準備への不安が増す一方、これからの老後資金準備には「生涯現役」の準備も必要です。 暮らしと知識が豊かになる  ‘投資’のあるライフスタイル 2015.9.15更新 ファイナルプランナーコラム 暮らしと知識が豊かになる ‘投資’のあるライフスタイル 投資をする、しないは個人の自由です。ですが、投資をしないという選択肢は せっかくのチャンスを逃しているともいえます。「チャンス」とは何でしょうか。 もう人ごとではない、自分や親の介護に備える方法 2015.9.10更新 ファイナルプランナーコラム もう人ごとではない、自分や親の介護に備える方法 医療にかかるお金とならんで、介護にかかる費用も心配です。介護保険の改正で制度はどう変わり、 自分や親の介護に備える必要があるでしょうか。 最大の難敵が教育費。 負担を軽減する方法は? 2015.9.08更新 ファイナルプランナーコラム 最大の難敵が教育費。 負担を軽減する方法は? お子さんがいるお宅の家計診断をしていると見かけるのが、「家計が苦しい」と嘆きつつ、高額の塾代を払って有名塾に通わせたり、家庭教師を頼んでいる例です。 マーケットに参加しよう! 日本の株式市場を変えるのはあなた! 2015.9.01更新 ファイナルプランナーコラム マーケットに参加しよう! 日本の株式市場を変えるのはあなた! 日本の株式市場は、誰がどれくらい日本の株式を保有しているかご存知ですか?どのような人物が投資を行っているのか、また、個人が投資を行うことの意義について説明いたします。 加速する米住宅市場の回復と、投資妙味を増す関連株 2015.8.28更新 本音のマーケットコラム 加速する米住宅市場の回復と、投資妙味を増す関連株 「米住宅市場の回復がさらに勢いを増しつつある(本文より)」。各種の指標等から見えてくる米住宅市場の「今」そして「今後の見通し」について、長田ストラテジストが語ります。 セカンドライフの医療費への備え 2015.8.25更新 ファイナルプランナーコラム セカンドライフの医療費への備え 年を重ねると、病気やケガをすることが増えてきます。老後の心配事のひとつに、もしも医療費が足りなくなったら…と、不安に思う方もいらっしゃるでしょう。 株主優待でおくる愉しい人生、リタイヤ後のお金の運用術 2015.8.18更新 会員限定 桐谷広人氏の株主優待コラム 株主優待でおくる愉しい人生、リタイヤ後のお金の運用術 株主優待券には、居酒屋の食事券や映画の鑑賞券、衣料品店や電気店などの買い物券、ホテルの宿泊券など「そこへ出かけなければ使えないもの」がたくさんあります。 大人なアナタは「こだわり支出」の仕分けをしよう! 2015.8.18更新 ファイナルプランナーコラム 大人なアナタは「こだわり支出」の仕分けをしよう! 第2回で未来の自分への「仕送りプラン」を作った方の中には、「理想的な仕送りプラン」と「実際にできる仕送り額」の間に遠くて深ーい溝を実感した方もいるのではないでしょうか。 株式投資は、経済の発展を支える大事な基盤 2015.8.11更新 ファイナルプランナーコラム 株式投資は、経済の発展を支える大事な基盤 ‘株式投資’とは無縁と思われている方も、自然に株式との関わりを持ってい るケースがあります。生活のどの部分で株式が関わっているのでしょう? 退職後の収入を少しでも増やすには? 2015.8.04更新 ファイナルプランナーコラム 退職後の収入を少しでも増やすには? 前回は、年金はいくら受給できるのか、その見込額を確認しました。見込額が想像していたよりも少なかった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は公的年金の受給額を増やす方法をご紹介しましょう。 日本株の上昇トレンドはこの先も継続しよう 2015.8.04更新 本音のマーケットコラム 日本株の上昇トレンドはこの先も継続しよう 年初からの日本株の好調の背景にある6つのポジティブ要因や今の日本の企業収益力水準、海外投資家から見た今年の日本株の魅力などについて長田ストラテジストが語ります。 わが家の「未来への仕送りプラン表」を作成しよう! 2015.7.28更新 ファイナルプランナーコラム わが家の「未来への仕送りプラン表」を作成しよう! 「貯蓄のペースを上げたい」と考えただけで家計は変えられません。「今日の生活」を変えるには、心理的な壁や生活習慣の意識改革を行う必要があります。そのために作成したいのが「未来への仕送りプラン表」です。 アベノミクスによる経済政策 流れに乗る?乗らない? 2015.7.21更新 ファイナルプランナーコラム アベノミクスによる経済政策 流れに乗る?乗らない? 投資で収益をあげるには、“流れに乗ること”“流れに逆らわないこと”が基本です。アベノミクスが作り出した経済政策の流れについて解説します。 リスクと上手に付き合う投資術、知って得する株主優待のメリット 2015.7.15更新 会員限定 桐谷広人氏の株主優待コラム リスクと上手に付き合う投資術、知って得する株主優待のメリット 株式投資のリスクの中には、倒産・上場廃止という大きなリスクがあります。それでも「株式投資は楽しい」と断言できます。この気持ちはまったく変わりません。 セカンドライフの資金計画 今できることからはじめよう<1> 2015.7.14更新 ファイナルプランナーコラム セカンドライフの資金計画 今できることからはじめよう<1> 現在会社勤めをしている人の大半は60歳で定年退職を迎え、セカンドライフに突入します。セカンドライフを送るうえで知っておきたい「年金」の確認方法や注意点をまとめました。 永続家計を実現するためにリタイヤまでにやっておきたい5つのこと<1> 2015.7.07更新 ファイナルプランナーコラム 永続家計を実現するためにリタイヤまでにやっておきたい5つのこと<1> そろそろ老後資金の準備を始めたい。そう思いたったとき、まず何をしますか? お勧めしたいのは、わが家のバランスシートの作成です。まずはバランスシートの作り方を学びましょう。 株主優待の基本、優待株への投資 2015.6.29更新 会員限定 桐谷広人氏の株主優待コラム 株主優待の基本、優待株への投資 投資をはじめてみたいけれど、何から手をつけてよいかわからない──そんな初心者のために、テレビでもおなじみの桐谷広人さんに「投資のイロハ」をきいてみました。 米利上げは、前例のない「量的緩和からの出口戦略」に 2015.6.29更新 本音のマーケットコラム 米利上げは、前例のない「量的緩和からの出口戦略」に 世界中が注目する"米国の利上げ"。米国の利上げは、株価や為替、物価など、米国内あるいは投資に限らず世界中のさまざまな面で影響を与えることが予想されます。利上げはいつ、どのように行われるのでしょうか。 ROE向上の王道は、利益率の改善に 2015.5.29更新 本音のマーケットコラム ROE向上の王道は、利益率の改善に 最近、ニュースや新聞などでよく見かける「ROE」。 このROE(自己資本利益率、純利益÷自己資本)は、企業の収益性を測る指標として以前から広く活用されているものですが、今回は、最近の日本株市場における「ROE重視」の背景から、日米間での比較、どのような点に注意すべきかなどについて、長田ストラテジストに聞いてみました。 今日本に必要なのは、円安ではなく潜在成長率の引上げ 2015.4.27更新 本音のマーケットコラム 今日本に必要なのは、円安ではなく潜在成長率の引上げ 東海東京調査センターの長田ストラテジストに1970年代前半からの円相場において「実質実効為替レート」が現在歴史的低水準にあるという分析を踏まえ、今後の円の方向性と『2015年のドル円レートの水準』を聞いてみました。

次を見る

ページトップへ