みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

大人対談【大人対談(第9回) 岡田 美里 × 南 美希子】

  1. トップページ>
  2. 大人対談【大人対談(第9回) 岡田 美里 × 南 美希子】

【大人対談(第9回)】人生は、目の前にいる人のために 岡田 美里 × 南 美希子

友達の輪が「未来」を広げる

エプロンから始まった「プロデュース」
イメージ

南

今では当たり前のようになっていますが、美里さんが「タレントプロデュース」のパイオニアと言えるでしょうね。

岡田岡田

思い出すと、自分で下町の生地屋さんに行って、自分の気に入った輸入生地を一反買ってきて、それで可愛いエプロンを作って、自分のWEBサイトで売っていた頃が一番楽しかったですね。少ししかできないからすぐに売り切れて、スタッフから「なんでもっと仕入れないんですか」なんて怒られて。でも、自信がないからやっぱり一反ずつしか買えなくて、何度も何度も生地を買いに行って……。

南

そういう地に足のついた手作り感は、今のタレントプロデュースといったモノにはないかもしれませんね。

岡田岡田

そのうち、大きな会社から「うちとやれば売り切れる心配もありませんから」と契約の話が来て……。私の場合、決して一気にではなくて、だんだんと「品物を売る」というビジネスの世界を知っていった感じなんですね。

イメージ

南

ご自分では、もともとビジネス的な才覚があったと思いますか?

岡田岡田

タレントの経験はすごく役立っていると思います。どういう角度から撮るとモノが良く見えるかとか、どういう光なら綺麗かとか……。よくブランドのレセプションにお呼ばれされるじゃないですか? その中で、どうやってブランドを広めようとしているのかといった施策みたいな事も、自然に勉強できていたと感じます。

南

美里さんも90年前後のバブルを経験した世代ですから、今では考えられないような贅沢で、美しい世界にたくさん触れたでしょう。それが財産になっているのかもしれませんね。

岡田岡田

南さんが女子大生ブームの始まりで、私が終わりくらい(笑)。どのレセプションでも、私みたいな者まで黒塗りのリムジンが迎えに来て、ホテルの玄関に横付け、サーチライトみたいな……。

デンマークブランドとの運命的な出会い

南

デンマークの老舗紅茶専門店「A・C・パークス」やアクセサリーブランド「トロールビーズ」の日本展開を成功に導いた時にも、そうした経験が生かされたのでしょうね。

岡田岡田

デンマークのブランドと出会えたのはテレビ番組がきっかけでした。番組で祖母の故郷のデンマークに初めて行って、親戚の人たちにも初めて会えたんです。そして、帰りにA・C・パークスの紅茶をお土産にもらった。「北欧で一番歴史の古い紅茶のお店だから」って。日本に帰って飲んだらとても美味しかったんですね。それで、アトリエミリミリの生徒さんにも味わって欲しいと思って、「もっと送ってちょうだい」って親戚に連絡した。そうしたら、生徒さんも感動して「買いたい、買いたい」となって、お友達の中で広がって、その輪の中に「ソニープラザ」の役員の方がいて……。「40年も輸入雑貨の店をやっていて、こんなに素晴らしい老舗の紅茶がまだ世界に残っているなんて知らなかった。恥ずかしい。美里さん、あなたがデンマークへ行ってビジネスの取引を決めて来てくれないか」と依頼されたわけです。

イメージ

南

デンマーク王室御用達で170年超の歴史を持つ紅茶を、ビジネスの専門家が知らなかった……。でも、美里さんのアンテナはキャッチしたわけですよね。何か運命的なものさえ感じます。

岡田岡田

その役員の方が言うには、「私たちで契約しても良いけれども、美里さんが見つけて来たものだから、ぜひご本人が」と。ビジネス英語なんてできないし、とても心配だったんですが、会社概要の書類とかも渡されて、デンマークに飛びました。そして、もう顔見しりだったA・C・パークスのトップの方とのランチの席で「日本のソニーという企業を知っていますか……」と切り出したわけです。背中から冷や汗を流しながら(笑)。そうしたら、「実は私も今日、弊社の歴史上初めて国外に輸出する事をあなたにお願いしようと思っていたんです」と。

南

奇跡的なタイミングですね、千載一遇というか……。

岡田岡田

「私なんかで本当にいいんですか?」って、こちらの方が驚いて思わず聞き返しました。彼が言うには、「美里さんは私達のブランドイメージを第一に考えて大切にしてくれる人です。これまで海外からのオファーを全部断って来たけれども、あなたのような人が来るのを私達は100年以上待っていたのでしょう」と。日本はデンマークよりも遥かに長いお茶の歴史を持つ国だから、そこに支店を出せるのは「私達にとって非常に名誉な事」と大歓迎してくださったんです。

ページトップへ

プロフィール

岡田 美里

1961年生まれ。1984年聖心女子大学卒業、雑誌「POPEYE」のモデルなどで活動した後、22歳の時に日本テレビ「ロサンゼルスオリンピック」キャスターとしてデビュー。NHK大河ドラマ「武田信玄」出演など女優としても活躍。28歳で結婚後、「婦人女性誌の表紙を最も多く飾った女性」に3年連続で選出された。2008年に行列のできるデンマークアクセサリー「トロールビーズ」の輸入総代理店の代表者を経て、2016年にデンマークの老舗ジュエリーブランド「ハウスオブアンバー」の取締役に抜擢。新しい仕事に挑戦している。祖母はデンマーク人、父はE.H.エリック、叔父は岡田真澄。デザイナー、モデルの長女、造形学部建築インテリア学を学んだ後、舞台女優となった次女がいる。

南美希子

1956年、東京都生まれ。聖心女子大学国語国文科3年時にアナウンサー試験に合格し、テレビ朝日に入社。情報・クイズ・歌番組などを主に担当し、特に伝説のOL向け情報番組「OH!エルくらぶ」の司会を長年務め「元祖女子アナ」として広く知られている。現在は、テレビ・ラジオをはじめ、エッセイストとしても活躍中。ビジネススキル、美容、恋愛、女性の生き方、ワークライフバランスなどをテーマに講演も行う。

アーカイブ

第9回

第9回NEW

「人生は、目の前にいる人のために」

ブランディングプロデューサー・タレント 岡田 美里 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第8回

第8回

「夢を奏でる、大人の大航海」

ヴァイオリニスト 葉加瀬 太郎 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第7回

第7回

「夢に投資し続ける格好いい大人でありたい!」

アルピニスト 野口 健 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第6回

第6回

「世界一の冒険家に学ぶ、夢をかなえるチカラ」

冒険家・プロスキーヤー 三浦 雄一郎 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第5回

第5回

「『壁』を乗り越える、亜門流しなやか発想法」

演出家 宮本 亜門 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第4回

第4回

「経済問題は常識問題? まず自分と家族に投資を!」

経済学者 野口 悠紀雄 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第3回

第3回

「インテリジェンスと投資の深い関係」

作家・外交ジャーナリスト 手嶋 龍一 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第2回

第2回

「自分らしい投資と株主優待の極意とは」

元プロ将棋士 桐谷 広人 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第1回

第1回

「みらいを拓く、大人の投資とは」

東海東京証券株式会社
代表取締役会長最高経営責任者 石田 建昭 ×フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引