みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

大人対談【大人対談(第9回) 岡田 美里 × 南 美希子】

  1. トップページ>
  2. 大人対談【大人対談(第9回) 岡田 美里 × 南 美希子】

【大人対談(第9回)】人生は、目の前にいる人のために 岡田 美里 × 南 美希子

「投資」とは、みらいの自分のために何かをはじめること。
自分自身にたっぷり時間をかけて、変わる自分をじっくり楽しむ「大人」ならではの愉しみです。
「人生」「お金」「遊び」など、すべてはみらいを拓くための新しい一歩。
大人対談第9回のゲストは、キャスター・モデルとしての経験を活かし、現在は経営者としても活躍する岡田美里さん。フリーアナウンサーの南美希子さんがお話をうかがいました。

「現場」が好き、「手作り」が好き!

教員志望からオーディションでタレントに

南

美里さんは私と同じ聖心女子大学の卒業生です。今日は久しぶりにゆっくりお話しできるので、とても楽しみにしていました。同じ「シングル」として(笑)。

岡田岡田

私もです、どうぞお手柔らかに(笑)。

岡田 美里

南

大学を卒業するとき、やはりタレント志望だったんですか? 子どもの頃からテレビCMやお洋服のモデルをおやりになっていたから。

岡田岡田

先生になろうかなと思って大学では教育学科を選びました。でも、モデルみたいな活動を続けている中で、撮影の現場で過ごす時間が私には一番楽しかったんですね。それで、卒業前に日本テレビの「ロサンゼルスオリンピック・ハイライト」という福留功男さんが司会を務める生番組のキャスターのオーディションを受けて、合格して、タレントのお仕事ができるようになったんです。

南

美里さんというと、お父様がハーフタレントの草分けE・H・エリックさんで、叔父様が俳優の岡田眞澄さんなので、その伝手でと思い込んでいました。そうですか、オーディションなんですね。

岡田岡田

それがきっかけで、同じ日本テレビの情報番組「徳光和夫のTVフォーラム」のキャスターとかフジテレビの「F1グランプリ」の初代ピットリポーターとか、20代で様々な番組を経験させていただきました。F1の事もほとんど知らなかったんですが、いろいろ教えてもらいながら……。

イメージ

南

懐かしいですね。中嶋悟さんがF1デビューして、アイルトン・セナやアラン・プロストがいて、HONDAエンジンが圧勝していた1990年前後……日本は空前のF1ブームでしたね。その後、女性誌を中心にお料理や手芸、インテリア等ライフスタイル全般で「カリスマ」と呼ばれるようなご活躍ぶりでした。

子供のためにアトリエを作る

岡田岡田

下の娘が今はもう22歳ですが、彼女が幼稚園くらいの頃、ほぼ毎日撮影だったんですね。ほとんどは午前中の撮影だったのでお迎えに行けたのですが、時々ロケになると「お迎えに行けないの、ごめんね」なんて説明するじゃないですか。でも、まだ小さい彼女には理解できない。当然寂しがりますよね。それがとても辛くて……。

南

東京・代々木上原に「アトリエミリミリ」という活動拠点を作ったのが1998年ですね。手作りのライフスタイルを提案するスクールですが、お子さんの事も考えて、ある意味で方向転換をした?

岡田岡田

「ママはいつもここにいるよ、そして必ずお迎えに行ける」という子供達にビジュアルで見える場所で仕事をしたかったんですね。もともとお料理や手芸が好きだったので、そんな雑誌連載も増えていて、自分のアトリエがあれば、自分のペースで仕事ができるだろうなと思いましたし。

岡田 美里

南

いろいろ手作りする事がお得意だからアトリエという発想になったのでしょうね。不器用な私にはとても思いつかない(笑)。

岡田岡田

手作りって、とても楽しい事だけれどもやっぱり大変なんです(笑)。たとえば、文化出版局の「ミセス」から「美里さん、今度は“バラが好き”というテーマで18ページお願いします」というオファーがいきなりくるんですね。そうしたらアトリエミリミリの仲間と一緒に、お菓子やビーズを自分たちで作ったり、小物やファッション、インテリアのコーディネイトをしたりと、雑誌のページ全体をデザイン・プロデュースして……。そんなお仕事がずうっと続きました。

南

美里さんのセンスが素敵だからこそオファーが次々と舞い込むのでしょうね。そうした美的感覚はお小さい頃からのものですか?

岡田岡田

全然(笑)。本当にいつもいつも自信がなくて。ですから、たとえばお洋服なら、自分で仕事用の服を借りに行ってPRの人たちの知識やセンスを吸収したり、街を歩き回っていろんな人たちのファッションを参考にしたり……。少し「オタク」な所があって、一つの事をとことん研究したいと思ってしまうんですね。

ページトップへ

プロフィール

岡田 美里

1961年生まれ。1984年聖心女子大学卒業、雑誌「POPEYE」のモデルなどで活動した後、22歳の時に日本テレビ「ロサンゼルスオリンピック」キャスターとしてデビュー。NHK大河ドラマ「武田信玄」出演など女優としても活躍。28歳で結婚後、「婦人女性誌の表紙を最も多く飾った女性」に3年連続で選出された。2008年に行列のできるデンマークアクセサリー「トロールビーズ」の輸入総代理店の代表者を経て、2016年にデンマークの老舗ジュエリーブランド「ハウスオブアンバー」の取締役に抜擢。新しい仕事に挑戦している。祖母はデンマーク人、父はE.H.エリック、叔父は岡田真澄。デザイナー、モデルの長女、造形学部建築インテリア学を学んだ後、舞台女優となった次女がいる。

南美希子

1956年、東京都生まれ。聖心女子大学国語国文科3年時にアナウンサー試験に合格し、テレビ朝日に入社。情報・クイズ・歌番組などを主に担当し、特に伝説のOL向け情報番組「OH!エルくらぶ」の司会を長年務め「元祖女子アナ」として広く知られている。現在は、テレビ・ラジオをはじめ、エッセイストとしても活躍中。ビジネススキル、美容、恋愛、女性の生き方、ワークライフバランスなどをテーマに講演も行う。

アーカイブ

第9回

第9回NEW

「人生は、目の前にいる人のために」

ブランディングプロデューサー・タレント 岡田 美里 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第8回

第8回

「夢を奏でる、大人の大航海」

ヴァイオリニスト 葉加瀬 太郎 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第7回

第7回

「夢に投資し続ける格好いい大人でありたい!」

アルピニスト 野口 健 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第6回

第6回

「世界一の冒険家に学ぶ、夢をかなえるチカラ」

冒険家・プロスキーヤー 三浦 雄一郎 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第5回

第5回

「『壁』を乗り越える、亜門流しなやか発想法」

演出家 宮本 亜門 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第4回

第4回

「経済問題は常識問題? まず自分と家族に投資を!」

経済学者 野口 悠紀雄 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第3回

第3回

「インテリジェンスと投資の深い関係」

作家・外交ジャーナリスト 手嶋 龍一 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第2回

第2回

「自分らしい投資と株主優待の極意とは」

元プロ将棋士 桐谷 広人 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第1回

第1回

「みらいを拓く、大人の投資とは」

東海東京証券株式会社
代表取締役会長最高経営責任者 石田 建昭 ×フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引