みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

大人対談【大人対談 特別対談(第6回) 三浦雄一郎 × 南 美希子】

  1. トップページ>
  2. 大人対談【大人対談 特別対談(第6回) 三浦 雄一郎 × 南 美希子】

【大人対談 特別対談(第6回)】世界一の冒険家に学ぶ、夢をかなえるチカラ 三浦 雄一郎 × 南 美希子

「投資」とは、みらいの自分のために何かをはじめること。
自分自身にたっぷり時間をかけて、変わる自分をじっくり楽しむ「大人」ならではの愉しみです。
「人生」「お金」「遊び」など、すべてはみらいを拓くための新しい一歩。
大人対談第6回のゲストは三浦雄一郎さん。2013年にエベレスト登頂の世界最高年齢登頂記録更新を果たすなど、80歳を超えたいまも果敢に挑戦を続けています。フリーアナウンサーの南美希子さんがお話をうかがいました。

誰もやっていないことに挑戦し続けたい

オリンピック出場に挫折して……

わたし、82歳の三浦さんとふた回り違う申年なんです。いまの若い人たちには、すっかり登山家のイメージでしょうが、わたしたち世代にとって三浦さんは、抜群に格好いいプロスキーヤーでもあります。1985年に世界七大陸最高峰からのスキー滑降を達成した50歳ごろまでと、エベレスト登頂を3度も成功させた70歳から今日までと、人生で2回英雄になった類まれな冒険家ですね。

三浦 雄一郎

三浦

ありがとうございます。でも、自分としては若い頃からこの年まで、相も変わらず同じことをやっているだけでして……。

北海道大学の獣医学部の出身ですが、獣医さんになろうと思っていたのですか。

三浦

スキーと山登りで、ほとんど学校に行かず、ろくに勉強もしませんでした。教養課程の同級生には、作家の渡辺淳一さんがいたんですよ。彼は北大から当時できたばかりの札幌医大に進み医者になりましたが、ぼくは、成績的に医学部は無理で。動物のお医者さんなら馬も乗り回せるだろうし、いいかなと思って獣医学部に進みました。そして、オリンピックを目標にしていたけれども、途中で挫折してしまって……。

オリンピックに出場できなかった理由はなんだったのでしょう?

三浦

第一に能力が足りなかったからなのですが、実は強化チームの役員と衝突して、自分から身を引いたんです。役員のほうが選手より多く、しかも贅沢をしていて、それが許せなかった。それを指摘したら、生意気なやつだということになって……。

南 美希子

正義感の強い三浦さんらしいエピソードですね。

三浦

まあ、出ていても勝てなかったでしょう。当時はトニー・ザイラーやジャン・クロード・キリーなんかがいて、ザイラーはぼくより3歳若いですが、1年先輩にオリンピック銀メダルの猪谷千春さんがいましたし……。60年代はレースに出場するトーナメントプロとして、世界中のレースで滑っていました。スピード競技にも挑戦して、64年には時速172.084キロという当時の世界新記録を出したこともありましたね。それ以降は、スキーで誰もやったことがないことをやってやろうと決意したんです。そして、66年に富士山の山頂から直滑降……。

ジミー・カーター元米大統領もファンのひとり

わたしはテレビ朝日に1977年に入社したんですが、三浦さんが北極圏のバーボーピークやアフリカのキリマンジャロ、南極のビンソン・マッシフと、世界中の最高峰からのスキー滑降を立て続けに成功させた頃です。とてもハンサムで、その格好よさに憧れてスキーを始めたほどです。ところで、そうした数々の海外遠征では、資金面でのご苦労もあったのではないでしょうか。

三浦 雄一郎

三浦

あちこちでアイデアを話すと、面白い変わったスキーヤーがいるということで支援が集まるんです。大きかったのは70年にエベレストのサウスコル8,000メートルから滑ったことですね。この映像を石原裕次郎さんが「エベレスト大滑降」というドキュメンタリー映画にしてくれた。日本ではあまりウケなかったのですが、後年、「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」というタイトルでリメイクされて、75年にアカデミー賞の長編記録映画部門でオスカーを受賞したんです。それがあって、世界中のいろんな人に声をかけやすくなりました。

三浦さんへの「投資」をご自身で呼びかけたというわけですね。それに応えてくれたのが、たとえば、日本では佐治敬三さんや松下幸之助さん、本田宗一郎さん。世界ではワーナー・ブラザーズ元社長のフランク・ウェルズやダラスの石油王ディック・バス。錚々たるメンバーです。ジミー・カーター元米大統領もファンのおひとりだと聞きました。

三浦

カーターさんは「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」を20回くらい見たとおっしゃっていましたね。彼が大統領在任中にアフガニスタン戦争に突入したのですが、エベレストを滑った勇敢な日本人の映像をホワイトハウスの映画室で見るたび、気持ちがすっきりしたと……。

いまでも直接出向いて、説明してサポートを呼びかけたり挨拶回りをしたりと、ご自身で活動されているそうですね。

三浦

そうしたことも、若い頃からずっと変わらずに、いまも続けているだけなのです。そういう意味では、苦労と思ったことはありませんね。

ページトップへ

プロフィール

三浦 雄一郎

1932年、青森県生まれ。1964年イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加、時速172.084キロの当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降。1970年エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、その記録映画[THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST]はアカデミー賞を受賞。1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年次男である三浦豪太氏とともにエベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7ヶ月)樹立。2008年75歳2度目、2013年80歳にて3度目のエベレスト登頂〔世界最高年齢登頂記録更新〕を果たす。

南美希子

1956年、東京都生まれ。聖心女子大学国語国文科3年時にアナウンサー試験に合格し、テレビ朝日に入社。情報・クイズ・歌番組などを主に担当し、特に伝説のOL向け情報番組「OH!エルくらぶ」の司会を長年務め「元祖女子アナ」として広く知られている。現在は、テレビ・ラジオをはじめ、エッセイストとしても活躍中。ビジネススキル、美容、恋愛、女性の生き方、ワークライフバランスなどをテーマに講演も行う。

アーカイブ

第8回

第9回NEW

「人生は、目の前にいる人のために」

ブランディングプロデューサー・タレント 岡田 美里 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第8回

第8回

「夢を奏でる、大人の大航海」

ヴァイオリニスト 葉加瀬 太郎 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第7回

第7回

「夢に投資し続ける格好いい大人でありたい!」

アルピニスト 野口 健 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第6回

第6回

「世界一の冒険家に学ぶ、夢をかなえるチカラ」

冒険家・プロスキーヤー 三浦 雄一郎 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第5回

第5回

「『壁』を乗り越える、亜門流しなやか発想法」

演出家 宮本 亜門 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第4回

第4回

「経済問題は常識問題? まず自分と家族に投資を!」

経済学者 野口 悠紀雄 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第3回

第3回

「インテリジェンスと投資の深い関係」

作家・外交ジャーナリスト 手嶋 龍一 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第2回

第2回

「自分らしい投資と株主優待の極意とは」

元プロ将棋士 桐谷 広人 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第1回

第1回

「みらいを拓く、大人の投資とは」

東海東京証券株式会社
代表取締役会長最高経営責任者 石田 建昭 ×フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引