みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

大人のマネー術 大人対談【大人対談第4回 野口 悠紀雄 × 南 美希子】

  1. トップページ>
  2. 大人対談【大人対談第4回 野口 悠紀雄 × 南 美希子】

【大人対談第4回】経済問題は常識問題?まず自分と家族に投資を! 野口 悠紀雄 × 南 美希子

「数字」で考える習慣を身につける

教育投資から事業投資へ

事業投資というのは、具体的にどのようなことでしょうか。

野口

なにか新しい事業を思いついたら、あらゆる困難を排して投資すべきでしょう。それは、非常にリスキーな投資なのですが。たとえば、米・シリコンバレーの創業者は、みなそうした投資を行いました。自分で思いついて、自分の家のガレージで、たとえばコンピューターをつくったりして、それをマーケットに出して、それによって成長した企業がほとんどなのです。アップルもグーグルも、ヤフーもそうです。

野口悠紀雄

そうした啓示を受けない人は、一生、事業投資の機会はない……。

野口

ですから、教育投資が重要なのです。もちろん、金融商品に対する投資や不動産に対する投資も必要です。ただ、それを行うために重要なのは、繰り返しになりますが、信頼できる専門家を見つけることだと、わたしは思います。自分は仕事に集中して、どんどん能力を高めていく。そして、事業を思いついたら、思い切ってそれに投資するのです。

昨年12月、『数字は武器になる』という本を出版されました。その中で、おおまかな数字を把握して物事を理解し、思考することの重要性について記されています。たとえば、日本のGDPは500兆というような規模感をもつことが大切だと……。

野口

健全な常識のひとつです。「正確に間違えるよりも、おおまかに正しいほうがよい」。これはケインズの言葉ですが、わたしは、文系の仕事においてこそ、数字が必要だと思っています。理系の仕事では、数字はあまり必要ない。数学は必要なのですが。わたしは工学部出身ですから、実験室で半導体の実験をしていました。その研究で、数字はほとんど不必要でした。その後、大蔵省(現財務省)に入って文系の仕事をしましたが、そこでの日常は数字の洪水、あらゆることが数字でした。

南美希子

わたしのように数字が苦手だという人が「数字で考える」という習慣を身につけるためには、どうしたらよいのでしょうか。

野口

第一に必要なことは、数字は敵ではないと、自分を納得させることでしょう。敵だと思うから離れていくのです。自分にとって数字は敵だから、なるべく近くに来ないでくれと思っていたら、間違いなくどんどん離れていきます。数字はわたしの味方だと思って、いろいろなことを数字でとらえるようになれば、事態は変わってきます。

世の中の見え方も変わってきて、なにか新しい事業も思いつくかもしれませんね。

野口

一変するのです。わたしは、それを「側理論」と言っていますが、側というのは、こちら側とかあちら側ということです。多くの人は、数字はあちら側だと思っています。でも自分の側だと思えば、かならず近づいてきます。

何歳になっても「勉強」しないと!

いま、早稲田の大学院で毎月1回、「特別講義」をされています。

野口

もう顧問という立場なので、講義をする義務はないのですが、自分がやりたいので、毎月1回話しています。申し込んでいただいたら、どなたでも聴講できます。講義の動画も大学院のウェブサイトで公開していて、どなたでもご覧になれます。わたしは自分の意見をほかの人に聞いてもらうことが生きがいですから、その機会を自分でつくっているのです。

野口悠紀雄

私塾「野口塾」も主催されていますが。

野口

早稲田の大学院で教えた学生を中心にして、月に1回くらい集まって、いろいろなことをディスカッションするという勉強会をやっています。もともと社会人対象の大学院なので、全員が社会人です。30代半ばくらいですが、彼らは優秀です。先ほど、たいへん荒っぽい、ペシミスティックなことを言いましたが、若者たちの能力を高めるために、微力ながら、わたしも自分でできることは実践しているつもりです。

いつの時代も、何歳になっても、懸命に勉強しないと生き残れないですね。

野口

そのとおりです。そして、それが報われるような社会的な環境がなければいけないと思います。アメリカでは、どこの大学院を出ればいくら給料が上がるという具体的な記事が、ウェブを見れば、いくらでも出てきます。学生は、勉強している間給料がなくなったとしても2〜3年勉強して専門家になれば、将来どれだけ報いられるかということを知って、確信をもって勉強に励める。それは、アメリカの企業がそういう報い方をしているからなのです。日本の企業も、そのように変わってほしいと思います。そうなってこそ、日本は新しい可能性に向かって成長していくことができます。

二人

ページトップへ

プロフィール

野口悠紀雄

1940年、東京都生まれ。1963年東京大学工学部卒業、1964年大蔵省入省、1972年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書に、『情報の経済理論』(東洋経済新報社、日経・経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、サントリー学芸賞)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)など多数。

南美希子

1956年、東京都生まれ。聖心女子大学国語国文科3年時にアナウンサー試験に合格し、テレビ朝日に入社。情報・クイズ・歌番組などを主に担当し、特に伝説のOL向け情報番組「OH!エルくらぶ」の司会を長年務め「元祖女子アナ」として広く知られている。現在は、テレビ・ラジオをはじめ、エッセイストとしても活躍中。ビジネススキル、美容、恋愛、女性の生き方、ワークライフバランスなどをテーマに講演も行う。

アーカイブ

第8回

第9回NEW

「人生は、目の前にいる人のために」

ブランディングプロデューサー・タレント 岡田 美里 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第8回

第8回

「夢を奏でる、大人の大航海」

ヴァイオリニスト 葉加瀬 太郎 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第7回

第7回

「夢に投資し続ける格好いい大人でありたい!」

アルピニスト 野口 健 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第6回

第6回

「世界一の冒険家に学ぶ、夢をかなえるチカラ」

冒険家・プロスキーヤー 三浦 雄一郎 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第5回

第5回

「『壁』を乗り越える、亜門流しなやか発想法」

演出家 宮本 亜門 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第4回

第4回

「経済問題は常識問題? まず自分と家族に投資を!」

経済学者 野口 悠紀雄 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第3回

第3回

「インテリジェンスと投資の深い関係」

作家・外交ジャーナリスト 手嶋 龍一 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第2回

第2回

「自分らしい投資と株主優待の極意とは」

元プロ将棋士 桐谷 広人 × フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

第1回

第1回

「みらいを拓く、大人の投資とは」

東海東京証券株式会社
代表取締役会長最高経営責任者 石田 建昭 ×フリーアナウンサー/エッセイスト 南 美希子

ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引