みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

日本人の金融資産のほとんどが、預貯金と保険、年金に偏っているといわれます。もちろん、貯蓄も預貯金で資産を運用する方法の一つですが、殖やすことより貯めることに主眼があります。預金金利が高かった時代であれば、貯蓄一辺倒でも、ある程度の資産づくりは可能でした。

でも、超低金利の時代に、人生の節目で迎えるさまざまなライフイベントへの備えとして、また、リタイア後の暮らしへの備えとして、貯蓄だけに頼るのでは万全とはいえません。

今後、金利が上がっていくとしても、それはモノの値段も同時に上昇していくということ。

つまり、インフレ(インフレーション)になれば、預金金利が上昇したとしても、それを物価上昇率が相殺してしまい、結局、実質金利が上がらないのと同じ状態になってしまいます。

物価の上昇に対して資産が目減りしないようにするには、インフレ率以上の利回りで運用しなければならないのです。預貯金や保険商品というのはインフレに弱く、資産が目減りするリスクもあるということを理解しておくことが大切です。

イラスト
ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引