みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

見ていて損はしない、マネーコラム!

  1. トップページ>
  2. マネーコラム:投資の基礎知識>
  3. 見ていて損はしない、マネーコラム!

年金は、リタイア後の生活の要となるもの。でも、制度改定や世代間格差など、不安も…本当に、年金は受け取ることができるのか、年金のあれこれについて考えます。

変化する年金環境

現在、公的年金の支給開始年齢は、国民年金が65歳、厚生年金は60歳から65歳へと段階的に引き上げられています。さらに、これを選択制によって、75歳まで引き上げることが検討されるなど、年金を取り巻く環境は変化しています。

年金というのは、リタイア後の暮らしの基盤となるもの。公的年金の問題は、私たちにとって避けて通ることができない重要なテーマです。

イラスト

でも、本当に支給されるのか、不安な人も多いことでしょう。現行制度では、基本的に現役世代の保険料負担で、高齢者を支えるという世代間扶養の考え方で運営されているため、少子高齢化の影響によって、世代が若くなる程、負担が大きくなるのに、受け取る年金額は少なくなるという世代間の格差・不公平という問題も指摘されています。

自分の暮らしは、自分で守る

年金制度が、今後の経済成長や労働人口の伸びなどに頼らざるを得ない不安定な状況が続くのであれば、リタイア後の暮らしを年金だけに頼るのは不安と感じるのも当然でしょう。

安心して老後の生活を送るためには、”自分の身は自分で守る”という意識を持ち、将来を見据えた生活設計を立てていくことが重要です。

まずは、今の自分の資産状況を的確に掴み、リタイア後の暮らしに向けて、どの程度の資産が必要なのかを見極めること。そして、そのめざす資産目標に向けて、自らの年代と資産状況に応じた資産運用に取り組むことで、着実な資産づくりを心がけることが大切です。

自分の暮らしは、自分で守るー資産運用とは、そのための術であり、暮らしを見つめ直す大切なきっかけを与えてくれるものでもあるのです。

ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引