みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

シニア世代のライフプラン

  1. トップページ>
  2. マネーコラム:FPコラム【投資】

投資に係っておきたい理由 〜マーケットに参加する意味とは?

博打とは違う
堅実に資産を育てる‘投資’を

こんにちは、FPの村松です。5回にわたって、「投資に係っておきたい理由〜マーケットに参加する意味とは?」と題して、個人投資家として株式投資に参加する意味や、資産を増やすための投資という視点でお話いたします。

ファイナンシャル・プランナー 村松 祐子

ファイナンシャル・プランナー (CFP®/1級ファイナンシャル ・プランニング技能士) 一種証券外務員資格、 住宅ローンアドバイザー
村松 祐子
むらまつ・ゆうこ

投資は知的な活動

‘投資’に関心を寄せる人が増える一方で、いまだに投資は賭け事と一緒だと警戒する人もいるのが現実です。「不労所得」と考える人も少なくありません。

投資は今日買ったら明日には値上がりして結果がでるというものではなく、投資先についてしっかり調べ、時間と知力を使った結果、運用により利益がでる可能性があるというもので、決して不労所得などではありません。

ましてや、いちかばちかの偶然の成功を狙う賭け事とは明らかに違います。

株式投資は、宝探しのようなものです。磨けば宝石のように輝く石を見つけ出す探検のように、将来性がある会社をいろいろな分析(謎解き)をしながら探し出し、そこに資金を投じる行為です。

企業 投資家の行動

先人から学ぶ投資スタイル

また、‘投資’を警戒する理由の多くは、大きく資産を減らしてしまう危険があるからというものです。

これは、バイクや車は危ないから乗らないと言っているのと同じです。どんな危険があるのか正しく理解し、それを防ぐ方法を知っていれば、大きな事故に繋がることを抑止できます。無論、100%安全なものはありません。危険があることを十分理解した上で安全に楽しめるよう、守るべきルールや対応策があります。

‘投資’も同じで、自分なりのルールや投資スタイルをつくると、安心して投資を進められます。

投資のスタイルづくりには、先人の投資家の考え方にならってみるとよいでしょう。著名な投資家や相場師は、それぞれの投資経験から得た教訓を残しています。

例えば、米国の著名投資家で知られるウォーレン・バフェット氏は、投資先を選ぶときの基準として、次のようなことを挙げています。

「どの分野であれ、生活になくてはならないもの、お金を出しても買いたいブランドを持つ企業」
「50年たっても欲しいとみんなが思うものを作っている企業」

つまり、自分の生活に密着した、しかも自分の好きなものをつくる企業であるか、その上、将来も必要とされる企業であるかということに着眼しています。そういった企業の株を‘お買い得’のところで買い、長期で持つというスタイルが、堅実に資産を育てる方法だと多くの先人たちが説いています。

ファイナンシャル・プランナー 村松祐子のワンポイントアドバイス

価格変動のある株式への投資は、できるだけ‘お買い得’のところで買うことが大切です。お買い得かどうかの見極め方は、利益に対して相応の株価かどうかで判断します。

例えば、A社が順調に利益をあげているのに、市場ではA社は注目されずに買う人が少なければ、その株価はお買い得(割安)な価格で推移しているかもしれません。

その判断基準に使う指標のひとつがPER(株価収益率(倍)、Price Earnings Ratio=株価÷1株当たりの利益)です。利益の何倍まで株式が買われているかを示し、この倍率が高ければ割高、低ければ割安と価値を判断します。同業種間、同じ規模の会社間での比較、および同じ会社の過去との比較で高低を見るようにします。

ただし、会社の成長性を見込んで人気が集まる会社、いわゆる“人気先行企業”は、PERが高くなる傾向があることも踏まえておきましょう。

ファイナンシャル・プランナー 村松 祐子

1987年大学卒業後、野村證券株式会社 外国株式部に所属。外国株式の東京証券取引所上場に際し、販売促進に携わる。資料作成、および、全国支店で開催される顧客向け株式セミナー、社内勉強会の実施。外資系証券会社 投資コンサルティング部にて、富裕層向け資産運用相談業務に従事したのち、他の外資系証券会社に転籍、株式調査部にて、経済・株式の調査を経験、機関投資家向け週間マーケットレポートの作成に携わる。
資産運用の相談、経済・市場調査の経験を踏まえ、それらを総括したサービスを提供するFPへ転身。現在、資産運用・株式講座の講師のほか、ライフ&マネープラン相談を実施しており、ひとり一人に合った資産形成プランの提案には定評がある。資産運用講座や相談を通して自立した投資家の育成にも力を入れている。

セカンドライフ【第5回】

暮らしと税【第1回】

ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引