みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

シニア世代のライフプラン

  1. トップページ>
  2. マネーコラム:シニア世代のライフプラン【家計】

永続家計を実現するためにリタイヤまでにやっておきたい5つのこと

わが家の「未来への仕送りプラン表」を作成しよう!

こんにちは、FP&永続家計アドバイザーの豊田です。「リタイヤまでにやっておきたい5つのこと」第2回はわが家の「未来への仕送りプラン表」の作成です。

ファイナンシャル・プランナー 豊田 眞弓

ファイナンシャル・プランナー
豊田 眞弓
とよだ まゆみ

「未来への仕送りプラン表」は家計を変える

自立した大人なセカンドライフを送るために、前回はバランスシートを作成し資産や負債の状況をつかみました。その結果、「貯蓄のペースを上げたい」と思った人もいるかもしれませんが、考えただけで家計は変えられません。「今日の生活」を変えるには、心理的な壁や生活習慣の意識改革を行う必要があります。

そのために作成したいのが「未来への仕送りプラン表」です。貯蓄で備えるべき支出を洗い出し、それを貯めるプランを立てるだけ。下は45歳Aさんの例です。Aさんは45歳会社員、妻パート、子どもは1人、金融資産は預貯金500万円と年金財形200万円、投資信託100万円のほか、学資保険満期200万円に入っています。

Aさん45歳の未来への仕送りプラン表の例(単位:万円)

目的 備考 目標額① あと何
年?②
現在の貯蓄
(貯蓄型保険受取見
込額等含む)
必要貯蓄
額④
(①−③)
年間の貯
蓄目標⑤
(④÷②)
どう貯める?⑥
毎月 ボーナス
年間
生活予備費 生活費3〜6カ月 200 常時 200 0 0 0 0
教育資金 大学資金として(子が中学卒業
までに貯める、学資保険含む)
400 2 320 80 40 2 16
住宅関係 リフォーム 200 8 40 160 20 0 20
親孝行資金 介護などもしもの時用。親の時
に使わなければ自分達用に
300 10 140 160 16 0 16
老後資金 退職金予想1800万円、年金財
形200万円、投信100万円
3000 15 2100 900 60 5 0
合計 2800 1300 136 7 52

「仕送りプラン表」作成方法

まずは、生活予備費や住宅関係、車に乗るなら車の買い替え、レジャー費、教育・子供関係費、親孝行用貯蓄(親の介護予備費)、老後用など、今後貯めなくてはいけない「目的」を書き出します。

次に、目標額①と、あと何年間 ②で貯める必要があるかを記入します。Aさんの例では、老後資金の目標を3000万円として、これをあと15年で達成したいので該当箇所に3000万円、15年と記入。

さらに、今ある資産のうち、学資保険なら教育資金**、年金財形や投資信託は老後資金と目的で整理します。預貯金の500万円は優先順位の高い予備費と教育資金、親孝行資金へ優先的に振り分けることにします。それを現在の貯蓄額③の欄に記入し、目標との差額の必要貯蓄型④を記入。Aさんの場合、老後資金の③に退職金予想1800万円や年金財形200万円、投信積立100万円も含まれています。

続いて、年間貯蓄目標⑤を計算し、それを毎月分とボーナス分に分けて貯蓄プラン⑥を立てれば完了です。

総務省「家計調査」(2014年)」によると、高齢夫婦無職世帯は月約6万円が赤字で60歳から25年分の不足額の累計は約1800万円。生活費以外の支出(家のリフォームや車買換えほか)や医療・介護の予備費他で仮に1200万円を見積もっても3000万円と推計。

**日本政策金融公庫「平成26年度 教育費負担の実態調査」では、私立理系自宅通学で学費が788万円かかる。表の例では、半分を家計や奨学金でまかなう前提で、貯蓄額を400万円と推計。

無謀な仕送りプランはどうする?

仕送りプランが実現できて問題がない方は今まで通りでOKです。しかし、無理がある場合は対策が必要。方法としては、①支出を削減、②仕送りプランを見直す、③世帯収入を上げるなどですが、複合的に行うと効果大です。

Aさんの例で「仕送りプランを見直す」には、住宅リフォームの予算を下げる・時期を遅らせる、教育資金の一部に奨学金を利用するなどが挙げられます。世帯収入を上げるには妻の働き方を見直すほか、「お金に働いてもらう」投資力を磨くのも一法です。

この仕送りプラン、たかが表と侮るべからず。作成してみると道の険しさがわかります。未来に関わるので、家族で分かち合うためにも一緒に作成することが大事ですよ!

ワンポイントアドバイス

永続家計を実現するためにやっておきたいことの1つが「未来への仕送りプラン表」の作成。実際に作成してみると、わが家の家計の問題も見えてきます。現実的な仕送りプランを完成してこそ、自立した大人への階段を上れます。仕送りプランが無謀な人は、プランの見直しともに、世帯収入を上げることも大事。世帯収入を上げる方法の1つに投資力を磨くことも挙げられます。

ファイナンシャル・プランナー 豊田 眞弓

FPラウンジ ばっくすてーじ代表。経済誌・女性誌等のライターを経て1994年より独立系FP。「家計の永続性」をテーマに据え、個人相談や講演会、雑誌や新聞、サイトへの寄稿や記事の監修などを行っている。6カ月かけて家計を見直す「家計ブートキャンプ」も好評。40代からの生き方をマネー面から考える「親の介護・相続と自分の老後に備える会」事務局長。「マイホーム賢い人はこうして買う」(PHP研究所) 、「50代家計見直し術」(実務教育出版社)など著書多数。座右の銘は「今日も未来もハッピーに」。

投資【第1回】

セカンドライフ【第2回】

ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引