みらいを拓く 大人の投資倶楽部

会員登録をされていない方

登録無料、利用料無料

今すぐ新規会員登録

すでに会員登録済みの方
ログイン

シニア世代のライフプラン

  1. トップページ
  2. マネーコラム:シニア世代のライフプラン> 「セカンドライフ」の記事一覧

「セカンドライフ」の記事一覧

2016.3.8 更新セカンドライフ

介護について

4回にわたり子どもの教育資金・年金・医療費、親や自分の介護などを切り口に、セカンドライフの備えが必要な理由や対策についてお話をしました。4回目のテーマは介護に関するテーマです。

詳しく見る

2016.1.26 更新セカンドライフ

医療について

4回にわたり子どもの教育資金・年金・医療費、親や自分の介護などを切り口に、セカンドライフの備えが必要な理由や対策についてお話しをしました。3回目は医療に関するテーマです。

詳しく見る

2015.12.8 更新セカンドライフ

老後の資金の柱 年金のお話

2回目のテーマは老後の資金の柱、年金についてです。

詳しく見る

2015.10.27 更新セカンドライフ

子どもの教育資金ってこんなにかかるの??

東海東京ウェルス・コンサルティングの石橋伸美(いしばし のぶよし)です。今回から4回にわたり、子どもの教育資金・年金・医療費、親や自分の介護などを切り口に、セカンドライフの備えが必要な理由や、対策について、お話しいたします。

詳しく見る

2015.9.24 更新セカンドライフ

60歳以降も元気で働くメリットは?

定年退職後の生活は、「お金」「健康」「生きがい」の3つのバランスが取れていることが理想です。60歳以降も働き続けることは、収入を得られる以外にも、さまざまなメリットがあります。

詳しく見る

2015.9.10 更新セカンドライフ

もう人ごとではない、自分や親の介護に備える方法

医療にかかるお金とならんで、介護にかかる費用も心配です。介護保険の改正で 制度はどう変わり、自分や親の介護に備える必要があるでしょうか。

詳しく見る

2015.8.25 更新セカンドライフ

セカンドライフの医療費への備え

こんにちは、FP&社会保険労務士の井戸です。5回にわたって、「セカンドライフの資金計画 今できることからはじめよう」と題して、年金、医療費、親の介護や自分の介護への備えについて知っておくべき情報や今から出来ることをお話いたします。

詳しく見る

2015.8.4 更新セカンドライフ

退職後の収入を少しでも増やすには?

前回は、年金はいくら受給できるのか、その見込額を確認しました。 見込額が想像していたよりも少なかった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は公的年金の受給額を増やす方法をご紹介しましょう。

詳しく見る

2015.7.14 更新セカンドライフ

セカンドライフの資金計画は退職後の収入把握からはじめよう

こんにちは、FP&社会保険労務士の井戸です。5回にわたって、「セカンドライフの資金計画 今できることからはじめよう」と題して、年金、医療費、親の介護や自分の介護への備えについて知っておくべき情報や今から出来ることをお話いたします。第1回は、公的年金の確認方法です。

詳しく見る

ページトップへ

PRおすすめ情報

  • ファンド・ツミタテ

    月々5,000円からコツコツはじめられるから投資初心者の方もはじめやすいファンド・ツミタテ。

    ファンド・ツミタテ
  • ダイレクト信用取引

    東海東京証券のダイレクト信用取引は、業界最低水準の買方金利。現金や株式を担保に元手資金以上に売買することができます。

    信用取引